装飾の画像

農林水産物データベース

島らっきょう

沖縄方言名 ラッチョウ 、 ダッチョー(沖縄本島) 、 ダッキョー(八重山)
和名 島らっきょう
別名
農産物区分 野菜(根菜類)
科名 ユリ科
生産地 本島北部宮古島市宮古諸島伊江村

収穫時期

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月

沖縄に伝来された時期

島らっきょうは、香りと辛味が強い在来種です。
本土のものよりも小ぶりです。春先から初夏にかけて出回ります。

沖縄の生活習慣との関連

沖縄の人にとって“島らっきょう”はなくてはならない野菜の一つ。旬の時期には、塩でもんで浅漬けにしたり、丸ごと衣をつけて天ぷらにしたり、他の野菜や肉と一緒に炒め物などになって食卓に並びます。

外観や食味等の特徴

島らっきょうは、エシャロットのように細長い状態で早掘りされ、漬物用は球状になるまで肥大させます。強い香りとパリパリした食感が食欲をそそります。

栄養成分面の特徴

島らっきょうには、血が固まるのを防ぐアデノシンという物質が多く含まれています。また、独特の臭い成分アリシンには、ビタミンB1の活性化を助け疲労回復に役立ちます。

伝承されてきた利用法

沖縄においては、酒の肴として、水分を切った後、塩もみし、おかかをふりかけたり、塩かキムチをまぶして即席漬けや天ぷらにして食します。

選び方・保存法のポイント

生で調理するには、若採りのものを。漬け物にするには、大きめのものを選ぶとよいでしょう。

この品目に関する栄養成分(可食部100g当たり)

成分名 単位
エネルギー 49.0 kcal
205.0 kJ
たんぱく質 2.6 g
脂質 0.1 g
カルシウム 30.5 mg
1.15 mg
ビタミンA レチノール 0.0 μg
カロテン 13.0 μg
レチノール当量 2.0 μg
成分名 単位
ビタミンB B1 0.07 mg
B2 0.05 mg
B6 0.14 mg
B12 0.0 μg
ビタミンC 22.0 mg
ビタミンK 11.0 μg
食物繊維 水溶性 1.7 g
不溶性 2.9 g
総量 4.6 g
22年度 23年度 24年度
作付け面積(ha) 77 84 76
収穫量(t) 659 720 655
出荷量(t) 521 569 520
※県推計値である。
野菜の作付面積、出荷量及び出荷量(沖縄県園芸振興課調べ)

コメント欄

2005年 財団法人 日本食品分析センター 分析試験結果

  • 沖縄元気野菜カレンダー
  • 栄養成分一覧